2010年代

助演女優賞

受賞者 ノミネート
2018 アリソン・ジャニー
「アイ、トーニャ(原題)」(I, Tonya)
  • メアリー・J・ブライジ「マッドバウンド 哀しき友情」
  • ホン・チャウ「ダウンサイズ」
  • ローリー・メトカーフ「レディー・バード」
  • オクタヴィア・スペンサー「シェイプ・オブ・ウォーター」
2017 ヴィオラ・デイヴィス
「フェンス」
  • ナオミ・ハリス「ムーンライト」
  • ニコール・キッドマン「ライオン」
  • オクタヴィア・スペンサー「ヒデン・フィギュアーズ」
  • ミシェル・ウィリアムズ「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
2016 ケイト・ウィンスレット
「スティーブ・ジョブズ」
  • ジェーン・フォンダ「ユース」
  • ジェニファー・ジェイソン・リー「ヘイトフル・エイト」
  • ヘレン・ミレン「トランボ」
  • アリシア・ビカンダー「エクス・マキナ」
2015 パトリシア・アークエット
「6才のボクが、大人になるまで。」
  • ジェシカ・チャステイン「ア・モスト・バイオレント・イヤー」
  • キーラ・ナイトレイ「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
  • エマ・ストーン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
  • メリル・ストリープ「イントゥ・ザ・ウッズ」
2014 ジェニファー・ローレンス
「アメリカン・ハッスル」
  • サリー・ホーキンス 「ブルージャスミン」
  • ルピタ・ニョンゴ 「それでも夜は明ける」
  • ジュリア・ロバーツ 「8月の家族たち」
  • ジューン・スキッブ 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
2013 アン・ハサウェイ
「レ・ミゼラブル」
  • エイミー・アダムス 「ザ・マスター」
  • サリー・フィールド 「リンカーン」
  • ヘレン・ハント 「セッションズ」
  • 二コール・キッドマン 「ペーパーボーイ 真夏の引力」
2012 オクタヴィア・スペンサー
「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」
  • ベレニス・ベジョ 「アーティスト」
  • ジェシカ・チャステイン 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」
  • ジャネット・マクティア 「アルバート氏の人生」
  • シェイリーン・ウッドリー 「ファミリー・ツリー」
2011 メリッサ・レオ
「ザ・ファイター」
  • エイミー・アダムス 「ザ・ファイター」
  • ヘレナ・ボナム=カーター 「英国王のスピーチ」
  • ミラ・クニス 「ブラック・スワン」
  • ジャッキー・ウィーヴァー 「アニマル・キングダム」
2010 モニーク
「プレシャス」
  • ペネロペ・クルス 「ナイン」
  • ヴェラ・ファーミガ 「マイレージ、マイライフ」
  • アナ・ケンドリック 「マイレージ、マイライフ」
  • ジュリアン・ムーア 「シングルマン」

2000年代

助演女優賞

受賞者 出演作品
2009 ケイト・ウィンスレット 「愛を読むひと」
2008 ケイト・ブランシェット 「アイム・ノット・ゼア」
2007 ジェニファー・ハドソン 「ドリームガールズ」
2006 レイチェル・ワイズ 「ナイロビの蜂」
2005 ナタリー・ポートマン 「クローサー」
2004 レネー・ゼルウィガー 「コールド マウンテン」
2003 メリル・ストリープ 「アダプテーション」
2002 ジェニファー・コネリー 「ビューティフル・マインド」
2001 ケイト・ハドソン 「あの頃ペニー・レインと」
2000 アンジェリーナ・ジョリー 「17歳のカルテ」

1990年代

助演女優賞

受賞者 出演作品
1999 リン・レッドグレーブ 「ゴッド・アンド・モンスターズ」
1998 キム・ベイシンガー 「L.A.コンフィデンシャル」
1997 ローレン・バコール 「マンハッタン・ラプソディ」
1996 ミラ・ソルヴィノ 「誘惑のアフロディーテ」
1995 ダイアン・ウィースト 「誘惑のアフロディーテ」
1994 ウィノナ・ライダー 「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事」