2010年代

監督賞

受賞者 ノミネート
2018 ギレルモ・デル・トロ
「シェイプ・オブ・ウォーター」
  • クリストファー・ノーラン「ダンケルク」
  • スティーブン・スピルバーグ「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」
  • マーティン・マクドナー「スリー・ビルボード」
  • リドリー・スコット「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」(All the Money in the World)
2017 デミアン・チャゼル
「ラ・ラ・ランド」
  • トム・フォード「ノクターナル・アニマルズ」
  • メル・ギブソン「ハックソー・リッジ」
  • バリー・ジェンキンズ「ムーンライト」
  • ケネス・ロナーガン「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
2016 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
「レヴェナント:蘇えりし者」
  • トッド・ヘインズ「キャロル」
  • トム・マッカ―シー「スポットライト 世紀のスクープ」
  • ジョージ・ミラー「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
  • リドリー・スコット「オデッセイ」
2015 リチャード・リンクレイター
「6才のボクが、大人になるまで。」
  • ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
  • エヴァ・デュヴルネ「セルマ」
  • デヴィッド・フィンチャー「ゴーン・ガール」
  • アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
2014 アルフォンソ・キュアロン
「ゼロ・グラビティ」
  • ポール・グリーングラス 「キャプテン・フィリップス」
  • スティーヴ・マックィーン 「それでも夜は明ける」
  • アレクサンダー・ペイン 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
  • デヴィッド・O・ラッセル 「アメリカン・ハッスル」
2013 ベン・アフレック
「アルゴ」
  • キャスリン・ビグロー 「ゼロ・ダーク・サーティ」
  • アン・リー 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
  • スティーヴン・スピルバーグ 「リンカーン」
  • クエンティン・タランティーノ 「ジャンゴ 繋がれざる者」
2012 マーティン・スコセッシ
「ヒューゴの不思議な発明」
  • ウディ・アレン 「ミッドナイト・イン・パリ」
  • ジョージ・クルーニー 「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」
  • ミシェル・アザナヴィシウス 「アーティスト」
  • アレクサンダー・ペイン 「ファミリー・ツリー」
2011 デヴィッド・フィンチャー
「ソーシャル・ネットワーク」
  • ダーレン・アロノフスキー 「ブラック・スワン」
  • トム・フーパー 「英国王のスピーチ」
  • クリストファー・ノーラン 「インセプション」
  • デヴィッド・O・ラッセル 「ザ・ファイター」
2010 ジェームズ・キャメロン
「アバター」
  • キャスリン・ビグロー 「ハート・ロッカー」
  • クリント・イーストウッド 「インビクタス/負けざる者たち」
  • ジェイソン・ライトマン 「マイレージ、マイライフ」
  • クエンティン・タランティーノ 「イングロリアス・バスターズ」

2000年代

2000年~2009年年の監督賞

受賞者 監督作品
2009 ダニー・ボイル 「スラムドッグ$ミリオネア」
2008 ジュリアン・シュナーベル 「潜水服は蝶の夢を見る」
2007 マーティン・スコセッシ 「ディパーテッド」
2006 アン・リー 「ブロークバック・マウンテン」
2005 クリント・イーストウッド 「ミリオンダラー・ベイビー」
2004 ピーター・ジャクソン 「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」
2003 マーティン・スコセッシ 「ギャング・オブ・ニューヨーク」
2002 ロバート・アルトマン 「ゴスフォード・パーク」
2001 アン・リー 「グリーン・デスティニー」
2000 サム・メンデス 「アメリカン・ビューティー」

1990年代

1994年~1999年の監督賞

受賞者 監督作品
1999 スティーブン・スピルバーグ 「プライベート・ライアン」
1998 ジェームズ・キャメロン 「タイタニック」
1997 ミロス・フォアマン 「ラリー・フリント」
1996 メル・ギブソン 「ブレイブハート」
1995 ロバート・ゼメキス 「フォレスト・ガンプ/一期一会」
1994 スティーヴン・スピルバーグ 「シンドラーのリスト」